手間と無駄を削減できる揚げカス遠心脱油機

飲食店、スーパー等の皆様、揚げカス(天ぷらカス)の処理でお困りではありませんか?
コスト削減と、火災予防に効果的な「揚げカス遠心脱油機」をご紹介致します。
遠心脱油機は、フライヤーで使用した際の残った揚げカスから油を抽出し再利用可能にすることで、
新油購入費の節減と、揚げカスの産廃処理代を節減し、大幅にコストを節減します。
また、揚げカスを使用後すぐに容器等に集めて保管する方法は、熱がこもり自然発火による火災の原因となる恐れがあります。
使用後の揚げカスを遠心脱油機で脱油し、減温をすることで火災防止に繋がります。

4つの特徴

火災予防 飲食店 揚げカス処理
調理後の揚げカスの保管による
自然発火を予防。
コスト削減 飲食店 揚げカス処理
再利用が可能な油を分油し、
新油購入費を節減。
ゴミの削減 飲食店 揚げカス処理
重量を軽減することで、
産廃費を節減。
環境対策 飲食店 揚げカス処理
グリストラップへの
油の流出軽減。

従来の揚げカス処理…

①フライヤーから「揚げカス」を取り、別容器に一時保管。

油が酸化し熱がこもると自然発火の可能性があり、大変危険です。

②保管していた「揚げカス」を、水にさらして冷ます。

別容器に取ってあった「揚げカス」を、水でさらして冷ます。
このとき「揚げカス」に含まれていた油がグリストラップに流出してしまいます。

③水を含んで冷めた状態の「揚げカス」を別袋などに入れ、廃棄する。

「産業廃棄物」扱いとなるので、重量分の「廃棄費用」が発生します。

揚げカス遠心脱油機で処理すると?

①揚げカスを、「遠心脱油機」に投入。

フライヤーから揚げたての状態の揚げカスを取り、「遠心脱油機」に投入します。

②スタートボタンを1プッシュ!

30秒で揚げカスを脱油し、減温します。
遠心力で重量比50%の油を回収し、再利用することが可能です。
油を減温(約150℃→約75℃ )することにより自然発火による火災を予防します。

③脱油された「揚げカス」を取り出し、廃棄。

「燃えるゴミ」として捨てることができるので、産廃費用を大幅カット!
脱油された揚げカスは軽く、サラサラなのでゴミ出しも楽々です。

約50%の脱油率

コストダウン予測

例)一斗缶(16.5kg=3,000円)の油を使用した店舗の場合
揚げカス10kg/日
油代金3,000円/16.5kg(一斗缶)
重量50%として【揚げカス】÷【脱油率】=脱油量
概算金額10kg/日÷2=5kg日
一ヶ月の脱油量5kg/日×30日=150kg ※1
150kg÷16.5kg≒9缶 ※2
3,000円×9缶=27,000円/月

※1 ロスも含めて使用可能と仮定します。油は使用可能な油です。
※2 上記に上げた計算はあくまでも仮定です。実際の数値とは異なります。

脱油前後の揚げカス

脱油前はキッチンペーパーに油が付着しています。

飲食店 揚げカス処理

脱油後はキッチンペーパーに付着しません。

飲食店 揚げカス処理

商品仕様

型式NOS-01
タイマー30秒固定
本体外形寸法幅193mm×奥行470mm×高さ643.5mm
重量約25kg
電源100V
モーター出力130W
回転時間30sec/1cycle
安全装置停止スイッチ及び上部フタ開放時ブレーキ作動、入り口フェンス加工
揚げカス投入カゴ4L
付属品カゴフィルター(耐熱)

型式NOS-02
タイマー30秒固定
本体外形寸法幅235mm×奥行470mm×高さ643.5mm
重量約27kg
電源100V
モーター出力130W
回転時間30sec/1cycle
安全装置停止スイッチ及び上部フタ開放時ブレーキ作動、入り口フェンス加工
揚げカス投入カゴ6.5L
付属品カゴフィルター(耐熱)

使用方法