ごあいさつ

ご挨拶

「ものを大切に」「もったいない」「ありがとう」という価値観が豊かな暮らしを創造する原点にあると確信しています。

 私は、1960年高度経済成長期幕開けの東京下町に生まれ、汗と油にまみれて無心に働く父の背中を見ながら育ちました。その頃父は、夜明けから日が落ちるまで、使い終わったペンキの一斗缶などをリヤカーで回収し、釜で不純物を溶かしてからきれいに洗い、梱包用の缶としてお菓子屋さんに卸すという再利用で成形を立てていました。

 当時では使い終わったペンキ缶でさえ貴重で、分けていただくことも大変な、物のない時代でした。その後父は、鉄屑屋になりました。再利用できるものはどんなに小さな物でも一つ一つ手で拾い集めました。こんな父を私は子ども心にとても誇りに思いました。これは私にとって原点でもあります。その父が、口をすっぱくして教えてくれたことは、「『ものを大切に』しなさい…『もったいない』という気持ちを大切にしなさい…『ありがとう』という気持ちを大切にしなさい…人はそうやって家族や国を守ってきたんだよ」という言葉でした。
 その後時代は、科学技術の飛躍的な発展、右肩上がりの経済成長を背景に、終身雇用・年功序列・年金制度が成立する安定成長期を迎えました。「より大きな…多くの…高い…新しい…」目標を掲げ、大量生産大量消費を続け、環境破壊や公害を引き起こしてきました。多くの人の価値観は、「ものの豊かさ」におかれ、日本人らしさを象徴する「ものを大切に」「もったいない」「ありがとう」という謙虚さは、残念ながら影を潜めてゆきました。そして今、地球の悲鳴にやっと目を向け初めました。「より小さな…少ない…低い…持続可能な…」目標を掲げられるようになりました。
 時代は「ものから事へ」、すなわちそのもの(商品・技術・知識・情報)に価値があるのではなく、事(そのものを用いて価値を想像する知恵)にこそ本当の価値があると考える時代に向かっていると思います。それはものづくりの原点でもあります。私達が今できること…それは「原点回帰」だと思います。

私たちは、「ものは大切に」「もったいない」「ありがとう」という価値観を原点に、厨房機器の開発・流通・回収・再生に特化して、事業を通じて循環型社会に貢献してゆきます。


私たち厨房市場は、「市場」です。広く門戸を開放し、これから私たちと志を共有できるたくさんのお客様と出会えますことを楽しみにいたしております。

株式会社 厨房市場
代表取締役社長 田中利幸